すぐに気づけない住宅の瑕疵に備えて保険のことを調べよう

ファミリー

災害の際の保障を

女性

富士火災は、火災保険などの保険を販売しています。火災だけでなく色々な災害に対応もしており、電話でのサポートも付帯しています。鍵の紛失や水周りのトラブルにも24時間対応してくれる、便利な保険となっています。

自動車じゃなくても必要

お金

原付は手軽に乗れるものですが、自賠責保険の加入も必要になります。加入手続きも簡単ですが自動車などのように車検に絶対に必要というわけではないため自己管理が重要になってきます。万が一の時に備え、一年に一度は自分の加入状況などをチェックする習慣をつけると安心です。

心配することは全くない

説明

今ではガンは不治の病ではなく治すことのできる病気になって来ているので、この病気になっても恐れることは全くないです。そういったこともあってガンになっても入れる保険を用意している保険会社が増えているので、保険のことで悩む心配もありません。

住宅購入の注意点

外見で分からない欠陥

説明

住宅のような大きなものを個人で購入する場合には、引き渡しの時点で全ての瑕疵に気づくということは不可能です。専門的な知識を持っている人でも、実際に住んでみなければ瑕疵が含まれた物件であるかどうかは判断できません。新築住宅で注文と違っていたり、外見から一目でわかるようなものであれば指摘できるかもしれませんが、ほとんどの欠陥は隠れたところにありますので、生活をしている間に気づくものです。いったん引き渡しを受けてしまうと、その瑕疵が売主に起因するものなのか買主に起因するものなのか責任の所在を明らかにすることが困難な場合があります。そのようなケースを避けるため、住宅購入の場合には、売主が保険に加入することによってトラブルの被害を抑える工夫が取られています。

欠陥に対する保険

新築住宅の場合には、10年間の保険に入るなどして、瑕疵を担保することが義務づけられていますが、中古住宅の購入やリフォームの際にも同じような問題が発生します。そのため、そのような場合でも任意に住宅瑕疵に係る保険に加入することができるようになっています。この保険は、住宅業者が保険料を支払うことで、いざという時に、保険金の給付を受けて修繕を行うことができるという制度です。この制度を利用すれば、仮に住宅業者が倒産してしまった場合であっても、保険会社が買主に保険金の給付を行いますので安心です。買主にとっては大きな買い物ですので、いざという時の保険が用意されていることで、安心して引き渡しを受けることができるのです。