自動車じゃなくても必要 | すぐに気づけない住宅の瑕疵に備えて保険のことを調べよう

すぐに気づけない住宅の瑕疵に備えて保険のことを調べよう

ファミリー

自動車じゃなくても必要

必ず加入する必要がある

お金

自賠責保険は自動車やバイクに必要なものですが、原付の場合も加入が義務付けられています。自賠責保険は万が一の事故の際に被害者が最低限の補償を受けることが出来るようになっているもので、自動車やバイクなど車検があるものは車検のタイミングで更新されていきます。しかし原付は車検がないので自分で自賠責保険の手続きを行わなければならず、加入忘れがあった場合には1年以下の懲役または50万円以下の罰金と同時に、6か月の範囲内での免許停止処分となってしまいます。加入が義務付けられているため、自賠責保険は強制保険とも呼ばれています。近頃では原付で自賠責保険に加入する際の手続きも簡単になって来て、インターネットやコンビニでも手軽に行えるようになっています。

加入の注意点とは

原付の自賠責保険は自分で手軽に加入できるものですが、手軽であり誰もチェックをする人がいないため、間違った情報で加入してしまう可能性が少なくありません。その状態で事故を起こしてしまうと事故後のさまざまな手続きが大変になってしまいます。加入の際や加入直後はきちんと正しい情報で自賠責保険に加入できているかどうかをチェックしておくことが重要です。また、自動車などと違い原付の自賠責保険は自分で加入期間を1〜5年間で設定できます。加入年数が長くなるほど1年当たりの保険料が安くなるというメリットがあります。しかし加入期間が長いことで「まだ加入している期間だ」と間違ってしまって未加入のままで運転してしまい、事故を起こしてしまって賠償が大変になってしまうことがありますので注意が必要です。